HOME>イチオシ情報>クオリティが高い結婚指輪でなくても手入れが必要

クオリティが高い結婚指輪でなくても手入れが必要

リングピロー

結婚指輪と婚約指輪の違いは毎日つけるかどうか

結婚指輪と婚約指輪って何か違うんだろうとその違いがよくわからない人もいるのではないでしょうか。一般的に結婚指輪は結婚する時に二人で購入して身に付けるものです。結婚式で永遠の愛を近い指輪の交換します。婚約指輪は結婚の約束、婚約の際に男性から女性に贈るものです。婚約指輪はかつて「お給料の三か月分」というキャッチフレーズがありましたが、最近の相場としては20万円から30万円代くらいが多いといわれています。またそれぞれの違いとしては「毎日つけるかどうか」も大事なポイントです。結婚指輪は基本的に毎日つける人が多いですが、婚約指輪に関しては大きなダイヤモンドあったり、結婚指輪に比べるとゴージャスで、クオリティが高いものになったりするので、毎日身に付けることはありません。パーティーや結婚式などお呼ばれした時などに身に付けるのが一般的です。

指輪

素材によって手入れの方法が違う

結婚指輪を買ったがいいが、何にもお手入れしていないという方も多いかもしれません。せっかく大切な結婚指輪ですから、クオリティが高くないものでもきちんとお手入れしたいものです。お手入れをする時は素材によってお手入れの方法が異なりますので、よく熟知しておきましょう。素材がプラチナの場合、眼鏡ふきなどの乾いた布でお手入れすると良いでしょう。汚れが気になる時は中性洗剤を使って汚れを落とすと良いでしょう。素材がシルバーの場合は、専用のクリーナーや専用のクロスを使うことでキレイにメンテナンスすることが出来ます。こういった専用のグッズは比較的安く売られています。二人で愛を誓って贈りあったものですから、いつまでも美しく輝いていられるようこまめにお手入れするように心がけたいものですね。