バスルームの変化

在来方式とシステムバス方式

注文住宅を建てるとき、大いに頭を悩ませるのが水まわりに関することでしょう。中でも、浴室をどうするか悩む人はとても多いです。浴室は在来方式かシステムバス方式かのどちらかを選ばないといけません。しかし、どちらも捨て難いと言うことでなかなか決断できない人もいます。注文住宅には在来方式の浴室と決めている人もいますが、最近はシステムバス方式が主流です。 在来方式はオリジナル性に富んだ浴室がつくれますが、注意したいこともあります。在来方式は、仕上げ方や施工のクオリティーによっては、水漏れが生じる可能性が高まります。注文住宅を建てる際は、高い技術を持った職人や業者が施工してくれるかどうかしっかり確認しましょう。

在来方式の浴室が人気

在来方式の浴室は、システムバス方式よりもコストはかかりますが、魅力的と感じる人は多いです。画一的ではないので飽きることもないでしょう。 また、注文住宅は狭小地や変形した土地に建てられることも多いです。その場合、変形した浴室しかつくれないと言うこともあります。システムバス方式では不可能でも、在来方式なら対応できます。極端に言えば、三角形の浴室をつくることも可能なのです。 さらに、色々な仕上げ材が使えるのも人気の理由の一つでしょう。最近は、自然素材をふんだんに使用した注文住宅を建てる人が増えています。浴室も自然素材を使いたいと言う人は多いです。在来方式なら大理石で洗い場の床や壁を構成することができます。